p-papaのFITTA暦

●平成元年の暮れ 左足首骨折で入院中に、フジグラン松山がオープンした。
  退院後、松葉杖もとれたので、リハビリ目的でFITTA入会。第1期生です。
  それから10年間はジムでバイク30分だけ〜、ファミリーデーに子供とプールだけ〜、会議前に汗流しにお風呂だけ〜といった感じで、
  スタジオには近寄った事もなかった。

●骨折入院中に痩せて60キロだった体重が、その後ブクブク太って72キロになった平成10年夏に現場で仕事中に眩暈がして病院へ。
  肥満による肝機能障害・脂肪肝の診断。
  「薬に頼らず、食生活改善と運動で治すようにしなさい!」とドクターに言われて、FITTAとの密接な関係が始まった。

●トラック(今はないけど)歩いたり、バイク踏んでみたりしてたけど、汗は出るけど減量できない。
  ボクは飽きっぽいので、同じ動きを長時間続ける運動が苦手だ。
  「なんかいい方法ないかな〜?」って当時スタッフの梅ちゃんと話してて、「エアロ してみたら?」と言われる。
  スタジオにちょっと興味あったけど、こんなデブのオジサンがノコノコ入っていいのやろか?怒られるんじゃないやろか?と中を覗く。
  一番前に太めの男性が立ってる。「なんや太目の男もいるやんけ。」(これがシュウとの出会い・・でも話はしてない)
  井上先生のウェイト&ローというレッスンだったと思う。筋トレ系だったのでボクでも何とかついていけた。これが ボクのエアロ初体験。

●2回目のエアロ体験は、兵頭美穂先生のファットバーニング。後ろの方でやったのですが、ボロボロでどうしようもなかった。
  前の方でホイホイ!と掛け声出しながら踊ってる人や男性用のレオタード(何ていうんだっけ?)着てクールに踊ってる人がスゴイ人に見えた。
  (そのスゴかった人達は、今はスタジオのお笑いキャラになってる。誰とは言わないでおこう)

●ボロボロで恥かいたけど、音楽にあわせて体動かすのが楽しくて、何度も出てるうちにエアロしないと寝られない体質になる。
  体重もその頃は食事制限も気合入れてたので、1ケ月でストーンと8キロ減量。・・この頃は体重が減るのがおもしろくて、友達とキャンプ行っても
  飲み食い控えて、山の中走ってりしてた。結構根性あるじゃん!・・・だけど、ある真夏の現場立会中にまたまた眩暈がした。原因は空腹。
  仕事に影響したんじゃいかんやん!って大義名分を得て、食事制限は解除。
  今は好きなモノ食べて、運動して、痩せるんじゃなくて太りすぎないようにする程度で楽しんでます。

●初めてのスタジオでついていけなくて、「もうスタジオは二度と行かない」って人もいるけど、1回目で完璧にできるわけない。
  もう一度入ってみましょう。前より体が動くし、音楽にものれるでしょう。
  あきらめずに「次はビシッと踊ってやろう!」の気持ちが大切です。頑張りましょう(^○^)
 


    

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO